haririブログ

〜料理🍽お菓子🧁パン🥐〜とにかく作ることが大好きな元保育園栄養士。レシピや自分の体験も元にした健康情報を発信しています。

潜在性高プロラクチン血症とはなんぞや!の話

f:id:croissanttan:20210723165502j:plain


こんにちは。

 

このところ体調がすぐれないこびとです。

 

昨日更新ができず、連続更新が14日で途絶えてしまいました。

 

ここ1週間ほど、「不正出血」「頭痛」「食欲不振」「少し吐き気」が続いており、気持ちも憂鬱になっています。

 

でも気を取り直してブログ書きます!

 

 

今日は、題名の通り「潜在性高プロラクチン血症とはなんぞや!」というお話をしていきたいのですが、この前婦人科で受けた検査でこの診断を受けました。

 

なぜ婦人科に行ったかと言うと、2ヶ月ほど生理が遅れているのに加えて、1週間ほど不正出血があったからです。

 

1回目の検査

はじめに行ったのが5月の中旬当たりで、子宮頸がん検査と血液検査をして2週間後に結果を聞きに行きました。

 

【その時の検査結果】

★子宮頸がん:陰性

★TSH(甲状腺刺激ホルモン):1.38

LH(黄体形成ホルモン):2.8

★FSH(卵胞刺激ホルモン):8.6

★プロラクチン:6.39

エストラジオール:12.9

 

 

先生曰く、「どれも正常だから問題ありません。不正出血はストレスですね~」とのことでした。

 

そのあと、「でも生理こないまま放置するのもよくないから薬だしとくね~」と言われ、「プレマリンプラノバール」という薬を処方されました。

 

このプラノバールというお薬によって、前回の記事でも書いた通り嘔吐恐怖症の私が「吐く」という経験をしたわけなのですが( ノД`)

 

hariri.hatenablog.com

↑(もしよかったら読んでやってください(__))

 

 

このあと、あらためて婦人科に行ったら、

 

私「副作用がきつくて飲めません」

 

先生「じゃあ注射にするね!」

 

私「それは気持ち悪くなりますか?」

 

先生「それはないから大丈夫だよ~」

 

といわれその場で打つことに。(プロゲストンデポー筋注というやつ)

 

 

そして、「今度は違う検査するから、生理がきたらまた来てね」と言われました。

 

 

そのあと生理がくるまでは、本当に吐き気とのたたかいでした。

 

 

注射は気持ち悪くならないと言われたのに、

 

とてもじゃないけど吐き気がして食べ物が食べられません。

 

1週間ほど、ポカリと飴でしのぎました。

 

 

2回目の検査

注射をした6日後に生理がきて、検査をしに婦人科へ。

 

今度は、「TRH負荷試験」という検査をしました。

 

これが「潜在性高プロラクチン血症」なのかを調べるもので、

①何もせず通常の採血(そのあとTRHを投与

②投与15分後の採血

③投与30分後の採血

で、プロラクチン値の変動をみます。

 

②③でプロラクチン値が急上昇している場合は、「潜在性高プロラクチン血症」

なんだそうです。

 

食べてないのに3回も採血したので、倒れてしまうかと不安でしたが大丈夫でした。

 

 

【その時の検査結果】

①プロラクチン前:9.62

②プロラクチン15分後:99.0

③プロラクチン30分後:97.7

エストラジオール:5.0

LH(黄体形成ホルモン):0.11

★FSH(卵胞刺激ホルモン):0.38

 

②③のプロラクチン値が急上昇しているので「潜在性高プロラクチン血症」で間違いないそうです。

 

 

そもそもプロラクチンとは、

 

脳から分泌されるホルモンらしく

 

★母乳の分泌を促す

★授乳期間に妊娠しないよう、排卵を抑える

 

働きがあるようで、

 

その値が高いということは

 

排卵しない = 生理がこない = 妊娠しにくい

 

ということなんだそうです。

 

「潜在性」とつくのは、通常のプロラクチン検査では正常の値で、夜になると高値を示すため、見逃されてしまいがちだからなんだそう。

 

 

それに加えて、女性ホルモン値が通常よりも1桁足りないほど異常に低いらしく、

(薬のせいで食べてなかったからしかたないと自分に言い聞かせる)

 

エストロゲンは脂肪が多くないと分泌されないので、とりあえず体重を増やしてください」といわれました。

 

 

食べたくても食べられない私にとっては、それがとても難しい、、、

 

 

あと、プロラクチンを抑える薬も1錠だけ処方されたのですが、

 

私「この薬は気持ち悪くなりますか?」

 

先生「そんなに心配しなくても大丈夫だよ~。1錠だけ出すからもし飲めそうだったらまたとりに来てね~」

 

といわれました。

 

 

とりあえずもらい、家に帰って速攻調べる。

 

すると、この前もらったホルモン剤よりも「吐き気・嘔吐」の副作用が多く、続けられない人が多いと記載されていました。

 

 

私はそれを見てから心臓のバクバクが止まらず、いまだに飲んでいません。

 

 

たぶんこれからも飲めないと思うので、別の方法を試したいと思います。

 

 

少し長くなってしまったので、この辺で終わります。

 

 

ここまで読んでくださった方、本当にありがとうございました!

 

 

では!