haririブログ

〜料理🍽お菓子🧁パン🥐〜とにかく作ることが大好きな元保育園栄養士。レシピや自分の体験も元にした健康情報を発信しています。

『大麦とゴマの米粉ビスコッティ』と、鼻うがいのお話。

みなさまこんばんは🌙

 

わたくし最近、鼻うがいをはじめました👃

今田耕司さんがCMをしている、あれです😂笑

 パートナーが「神経系」に関する難しそうな本を読んでいて、そこに鼻うがいのことが書いてあったらしく、パートナーが先にやり始めておりました。

神経と鼻うがいの関係について、パートナーのざっくりとした説明(バカな私でも理解できるように)によると、

鼻の奥の方にある神経を鼻うがいによってマッサージしてあげることで、副交感神経を優位にさせる」とのこと。

その説明のあと、「haririも自律神経が不安定なんだから、これやってみたら?」と言われ、「たしかに機能性ディスペプシアも自律神経が関わってるし、生理不順もあるし…」と思い当たる節がたくさんあったので、ひとまず取り入れてみることにしました!

鼻うがいをやってみた感想

1番初めに思ったのは、痛みが全くないことに驚きでした!

最初は、鼻に水が入ってくる感覚に体がビックリして(小さい頃に海で溺れたのを思い出しました笑)なかなか上手にできませんでしたが、2日目3日目と回数を重ねるうちに上達して、1ヶ月たった今は、CMの今田耕司さんのように(あんなに勢いよく水は出ませんが😂)できるようになりました!

症状に対する効果としては、「少し頭が重いなぁ〜」というときに鼻うがいをすると、スッキリとして少し楽になる感覚がありました。(ガンガンする頭痛には効果はありませんでした)

あと、わたしは花粉やハウスダストなどのアレルギーがあって鼻が詰まっていることが多いのですが、鼻うがいをしたあとは鼻がスッキリして、いろんなニオイがすごく鮮明に感じられました!

神経に対する効果はまだよくわかりませんが、とりあえず続けてみたいと思います!

 

さてさて。

今回は、久しぶりにビスコッティを作りました!

大麦とゴマの米粉ビスコッティ

 

【材料】

★卵・・・1個分

★きび砂糖・・・25g

★米油・・・10g

★ヨーグルト・・・10g

☆製菓用米粉・・・100g

はったい粉・・・15g

☆すりごま・・・5g

☆ベーキングパウダー・・・3g

ナッツ・・・30g

 

【今回使った米粉

 

【作り方】

①ナッツを細かく刻んでおく。

②ボウルに★の材料を上から順に入れ、その都度よく混ぜる。

③☆の粉類と、刻んだナッツを入れヘラで混ぜ、ひと塊にする。

④クッキングシートを敷いた天板に乗せ、長方形・楕円形に成形する。

180℃で予熱したオーブンで20分ほど焼いたら一旦取り出し、少し冷ましてから幅1cm弱に切って切り口を上にして、150℃て15分〜20分ほど焼いたら完成!

 

食べてみた感想

ザクザクの食感とナッツのカリッと食感が相まって、ゴマの香ばしい香りが引き立つ優しい味わいのビスコッティに仕上がりました☺️

パートナーは「素朴や〜」と言っていました😂笑(クッキーの方が好きみたいです😁)

甘さはだいぶ控えめにしたので、甘党さんはお砂糖を増やした方がいいかもです!

私は薄味派なので、このくらいでも満足できました☺️

バターを使わないヘルシーなビスコッティは、お腹に優しく食べやすいので、またいろんな味で作ってみたいと思います!

 

 

お時間ある方はクリックしていただけると励みになります🙇

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!

では!