haririブログ

〜料理🍽お菓子🧁パン🥐〜とにかく作ることが大好きな元保育園栄養士。レシピや自分の体験も元にした健康情報を発信しています。

やさしい味わい!『米粉のしっとりバナナクッキー🍌』と、生理のお話Part2。

みなさまこんばんは🌙

 

前回に続き、生理の話を失礼します🙇‍♀️💦

前回、生理から12日経っても血が止まらなかったので婦人科に行ったことを書いたのですが、今回はその結果をお話しさせて頂きます。

結論からお話しすると「今回の検査では異常なし」でした。

まず、診察で症状をお話しすると、先生が「原因として考えられるのは多嚢胞性卵巣症候群があるので一度検査で診てみましょう」とおっしゃいました。

そのあとすぐに内視鏡や超音波検査などで子宮の中を細かくみて頂いたところ

先生「あれ?もう子宮の中は生理終わってるね〜!」

「え!?でもまだ出血してるんです…。」

先生「子宮や卵巣に特に異常はなくて、左の卵巣に卵胞が育ってるからこの大きさだと順調にいけば15日頃に排卵すると思うよ!」

「本当ですか!?(心の声:生理不順なのにそんなに順調に排卵するんだろうか…?)」

先生「ただ、出血が続いてるなら薬を飲んでリセットする方法があるけどどうする?」

「前にプラノバールという薬を飲んでトラウマになるくらい苦しんだので、できれば薬に頼りたくなくて…。」

先生「それなら薬は使わないことにしようか。出血が続いている原因は、今回の生理だけだと分からないから、次の生理の様子を見てどうするか決めましょう」

といった流れでした(笑)

私としては、とりあえず大きな病気ではなかったことと、薬を飲まずに様子をみれることに、とてもホッとしました。

ただ、16日経った今でもごく少量の出血が続いております…。

ホルモンバランスが乱れている自覚はあるので、ストレスを溜め込みすぎず、あまり気にし過ぎないようにしようと思います。

 

 

さてさて。

今回のお菓子は、熟してきたバナナを使って「米粉のしっとりバナナクッキー🍌」を作りました!

米粉のしっとりバナナクッキー🍌

 

【材料】

★バター・・・70g

★きび砂糖・・・20g

★たまご・・・1個

★バナナ・・・30g(大きめバナナ1/3本くらい)

米粉・・・135g

☆アーモンドパウダー・・・10g

☆片栗粉・・・10g

 

 

【作り方】

①ボウルにバターを入れ、クリーム状になったらきび砂糖を入れてよく混ぜる。

②溶き卵を少しずつ加えてよく混ぜ、バナナを潰しながら加えてよく混ぜる。

③☆の材料を入れてヘラで混ぜ、ひと塊の棒状にして冷蔵庫で30分ほど寝かせる。

④お好みの厚さに切ってクッキングシートを敷いた天板に並べ、180℃に予熱したオーブンで15分ほど焼いたら完成!

 

食べてみた感想

しっかりバナナの味がするしっとりクッキーに仕上がりました!

今回は、砂糖をとっても控えめに作ってみましたが、私的にはこのくらいで丁度いいかな〜と感じました(^^)

最近パートナーはダイエットに励んでおりまして、お菓子は極力食べないようにしているので、味の感想が私の意見だけになってしまっております…。

すみません😣💦

なので、こっそりと食べております(笑)

 

 

お時間ある方はクリックしていただけると励みになります🙇

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!

では!